サーバーエンジニアとして価値を高めるにはキャリアプランが必要不可欠

求められるサーバーエンジニアになろう!

目指すは、価値の高いサーバーエンジニア!

  • 求人案件サイトのバナー
  • プロフェッショナルなサーバーエンジニアのキャリアアップ転職・独立に役立つ案件情報サイト「レバテックフリーランス」

価値を高めるにはキャリアプランが必須

価値を高めるにはキャリアプランが必須

キャリアプランとは何か

ビジネスにおけるキャリアプランとは、人生におけるビジネス上の見通しのことを言います。ビジネスをしていく上で自分自身に起こりうる様々な出来事を想定し、想定への対応をさらに想定していくと、枝葉のようにどんどん別れていく形になります。これは将棋の「読み」と同じようなものです。あまり細かい想定までは必要ありませんが、想定を重ねることで全体のキャリアプランが見えてくるでしょう。

なぜキャリアプランが必要なのか

キャリアプランを持つべき理由は、自身のサーバーエンジニアとしての価値を向上させるのに時間がかかるからです。スキルアップをするためにはそれなりの年数が必要なのです。また、仕事も年単位の時間がかかってくるため、仕事の中でスキルアップをしていくには年単位でのキャリアプランを持っておくことが必要になるというわけです。
サーバーエンジニアとして優秀な人材になるためには、専門的能力と実績が必要になってきます。キャリアプランを持つことで、それらに必要な能力を効果的に向上させることができるでしょう。これは現在サーバーエンジニアして働いている方だけでなく、求人をさがしているという学生の方も意識しておいたほうがいいでしょう。転職によるキャリアアップを目指す方も同様です。数年先からできれば十数年先までのキャリアプランを持っておいたほうがよいでしょう。

キャリアプランに必要なポイント

キャリアプランはビジネス上のプランではありますが、それ以前の就職活動や大学生の段階、あるいは高校生の段階ですでにキャリアプランに足を踏み入れてる状態にあると言えます。ただし多くの学生や高校生は、キャリアプランを持っているどころか、自身がどういう職につくのかさえもあまり想定していないのではないでしょうか。
まずは漠然と職種を思い描き、複数の会社にあたってみて採用された会社に入社するという方も多いことでしょう。あらかじめ希望する職業や会社が決まっていたという方であっても、いざ入社してみると自分に合わないなどの理由で転職し、次の職業を見つけるというケースはあるかと思います。
どのようなケースであっても、職業をする上で意識しておいたほうがいい年齢があります。それは20代後半から30歳くらいと、30代の半ばです。30歳を過ぎたあたりの時期は、仕事能力のピークになります。評価されている学者も、この時期あたりまでに評価の元となる論文等をすでに発表しているケースは多いようです。
また、将棋や野球のようなスポーツでも言えるのではないでしょうか。サーバーエンジニアも同じことが言えます。ですからキャリアプランを立てる際には、この時期までにできるだけスキルを向上させて経験を積み、実績をあげておく必要があります。この年齢を迎える前までにスキルを充分に上げておきたいので、20代後半から30歳くらいがひとつの目安となるわけです。その年齢までに高めた自身の能力をフルに活用し、実績を上げ、その人の評価が決まってくるのが30代の半ばくらいになります。転職によるキャリアアップを意識する際、この時点での評価は重要になってきます。

時間を常に意識する

キャリアプランを立てるのには時間を意識することが重要になります。プランを元に何歳までに何をしておくべきなのかを考えなくてはなりません。時間というのは無限にあるわけではありません。あなたの時間は限られています。それをフル活用するためには、キャリアプランを立てることがとても重要なのです。

これからのエンジニアに必須の知識

page top

求められるサーバーエンジニアになろう!

Copyright © 2015 求められるサーバーエンジニアになろう! All Rights Reserved.