求人需要は右肩上がり!サーバーエンジニアの仕事内容など基本情報を紹介します

求められるサーバーエンジニアになろう!

目指すは、価値の高いサーバーエンジニア!

  • 求人案件サイトのバナー
  • サーバーエンジニアの転職情報、求人情報、人材紹介サービスの検索に便利!「@SAK(アットサック)」
サーバーエンジニアの基本を学ぶ

サーバーエンジニアの基本を学ぶ

価値を高めて求められるサーバーエンジニアを目指すには、サーバーエンジニアとはそもそもどういう役割の職業なのかという基本からあらためておさえておきましょう。又、時代の流れとともにサーバーエンジニアを取り巻く環境はどう変わっていくのか、今後の動向もしっかりチェックしておくことが大切です。クラウドサービスの爆発的な普及により、サーバーエンジニアに求められる仕事の領域や範囲は大きく変化しつつあります。クラウド化によってサーバーエンジニアの需要は減るという意見もありますが、そんなことはありません。

サーバーエンジニアの基本を学ぶの記事一覧

  • サーバーは何の役に立つのか?

    サーバーは何の役に立つのか?

    インターネットが広く普及するとともに、サーバーに関する仕事への求人需要も高まっています。そのうちのひとつがサーバーエンジニアでしょう。今回はサーバーエンジニアの管理人という立場から、サーバーエンジニアの求人に対応できるよう、またはサーバーエンジニアとしてキャリアアップできるよう、役に立つ情報を提供したいと思います。そのためにはまずサーバーの基本的な理解が必要だと思われますので、サーバーの基本的な部分を中心に解説しています。
  • 構築・運用・保守のプロフェッショナル

    構築・運用・保守のプロフェッショナル

    プロフェッショナルのサーバーエンジニアが行う業務として、「構築」「保守・運用」が挙げられます。新たなサーバーシステムを世に送り出す構築はもちろんのこと、既存のサーバーシステムを「保守・運用」することも重要な業務のひとつです。この記事では、サーバーエンジニアが行う「構築」「保守・運用」という業務について、どのような業務なのか、どのようなスキルが必要になるのか、どのように他の業務に貢献しているのかなど、詳細に解説しています。
  • クラウド時代でも将来は明るい?

    クラウド時代でも将来は明るい?

    サーバーエンジニアの仕事はサーバーの構築と運用が中心です。しかしIT業界は日進月歩で技術の新陳代謝が進んでいるので、油断はできません。そしてサーバーに代わる新技術として台頭しているのが「クラウドコンピューティング」です。クラウドの操作は簡単なので、一般の企業や個人ユーザーはクラウド運営会社と契約を結んでいます。。しかしクラウド運営会社に任せるのが嫌だと言う企業は「プライベートクラウド」を作りたいと思っています。それが出来るのはサーバーエンジニアですのでまだまだ仕事はありそうです。

これからのエンジニアに必須の知識

page top

求められるサーバーエンジニアになろう!

Copyright © 2015 求められるサーバーエンジニアになろう! All Rights Reserved.